睡眠障害の原因 | 眠れない夜には睡眠薬!通販感覚で買える個人輸入とは?

睡眠障害の原因

眠れないというのは、さまざまな要因がかさなって起きているのですが、そのなかのひとつにブルーライトが原因になってしまっているものもあります。
ブルーライト…響きが何だかかっこいいですね。なにそれという人もいるかもしれませんが、これは主にスマホなどのLED照明のなかにある青色光のことをいいます。ブルーライトは目に見える光の中でも最も波長が短く、そしてエネルギーが強いといわれており、ゆえに目へのダメージがあるので、一時期は眼科が眼精疲労などを警告していましたが、近年では体内時計への心配も懸念されています。

スマホって楽しいですよね。PCなどはいちいち立ち上げないといけませんが、スマホなら布団にもぐり込みながらいくらでもインターネットを楽しむことが出来ますので、おもしろい動画やムフフなネタなどを寝る前に観て楽しんでいるという人もいるでしょう。これが体内時計を狂わせて寝れない要因にしているということでもあるのですね。
なぜブルーライトで体内時計が狂うのかというと、ブルーライトの強力な光は身体が昼間と勘違いしてしまうという誤作動を起こすのです。具体的にはメラトニンというホルモンが作られる松果体に伝えられ、メラトニンの分泌が抑制されて眠れなくなるということ。
たしかに寝る前というのは何かしながらもっそりと眠くなるのを待つというのは良いので、スマホは最高のアイテムなのですが眠れなくなってしまってはいけません。寝る前には使用を避けて、他のことで時間を潰すようにするほうがまだ良いかもしれませんね。

睡眠薬で眠るという人もスマホの光で眠りが浅くなることも。気を付けましょう。