後発医薬品について | 眠れない夜には睡眠薬!通販感覚で買える個人輸入とは?

後発医薬品について

睡眠薬は主に医療機関でも手に入りますが、個人輸入サイトを使えば通販感覚で自宅にいながら手に入れるということも出来ます。個人輸入ですとただの睡眠薬ではなくジェネリック医薬品も手に入れられるので、安価で手に入れられるというのがメリットになります。

…ジェネリック医薬品なので安価。ああーなんか安いやつね。という認識はあってもなんでそうなの?ってところはご存知でしょうか?睡眠薬のジェネリック医薬品を使うためにも、ジェネリック医薬品とはなんぞやというあたりから知っておきましょう。
ジェネリック医薬品というのは後発医薬品という意味でもあります。後発医薬品ということは先発医薬品というのもありますよね。そう、最初に作られる新薬のことです。これが出来た後、その特許が切れたら他の製薬会社が同じお薬を作れるようになります。しかし、もとの作り方が新薬の時点でわかっているので、後発する場合たいした費用や時間を費やさずに出来ますよね。だからこんなに安いのです。
具体的には新薬だと9〜17年と500億がかかるのですが、ジェネリック医薬品では3年と1億で済むのです。

安さの要因は制作の手間の問題なだけであって、利用する私たちにとっては同じ効能を安く手に出来るというメリットしかありません。ブランドかどうかが気になるなら問題化もしれませんが、そうでもないなら安心して使って行けることでしょう。